オリーブジュースカプセル 加工品

オリーブ木材の加工品と手入れ

オリーブ木材の加工品と手入れ

 

オリーブの生産は日本では香川県が昭和44年に栽培に成功して日本でも四国を中心に栽培されてきました。

 

主な利用方法としてはオリーブオイルを採取でしたが、今ではオリーブの実の加工品や化粧品にも利用されています。

 

食や美容に有名なオリーブですが実はその木材は爪で傷つける事が出来ない程固く緻密で耐久性がありますが国によって栽培の規制がある事から希少なものです。

 

オリーブは樹齢80年以上のものが加工品になる事が多いですが木材として加工されるまでには通常の木材が出来るまでに比べると時間がかかります。

 

時間のかかる工程として乾燥が上げられます、通常の木材は低温乾燥機にかける事が出来ますがオリーブはひび割れ防止の為に自然乾燥のみなので数か月から数年をかけて完成します、その為、木材は大量に生産出来ない上に数が限られている為かなり高価になってきます。

 

日本でも国産のオリーブの木材がありますが、元々オリーブの実の生産が主だったためその数は少ないのが現状です。

 

オリーブは木目が墨を流した不規則な模様が特徴的で美しく場所によって変わる木目に名前があり愛好家の中に好まれる一因となっています。

 

オリーブ製品で主に私たちの目につく物としてはキッチンツールが多く一般的に販売され手に入りやすいものとなっています。その他にも装飾品、印鑑などですが希少性とその硬さから限られた職人による加工という限定された条件でしか作られない為その販売金額はかなりの高額になります。

 

オリーブの木材はチュニジア、アフリカ産のものが多いですがその加工は主にフランス、イタリアでされます。

 

生産と加工される国は違いますがその手入れ方法に違いはありません。

 

オリーブの木で作られる加工品で多いのは主にキッチンツールが多くその理由として硬さや抗菌性が高い事も理由として挙げられます。

 

ですが、いくら緻密で硬い木材とはいえ手入れを怠れば割れる原因となってしまいます。

 

キッチンツールで行いやすい間違った手入れ方法として、つけ置きや薬剤による除菌、乾燥機での乾燥があります。

 

オリーブは水けを嫌うので水分を多く含ませ長時間置く事は気を痛める原因となり、乾燥機による急激な乾燥はひび割れの原因なってしまうので注意が必要となります。

 

基本的なお手入れ方法としてスポンジは柔らかいものを使用し中性洗剤で洗浄水洗いをした後水分をふき取って直射日光を避けて干します。

 

また、オリーブは週に一度オリーブオイルを塗る事で適度に乾燥を防ぎひび割れを防止します。

 

オリーブの加工品は元々オイルを含む木質なのでオリーブオイルを擦り込む事で美しい木目をより蘇らせてくれます。

 

また、どうしても日の当たる場所で保管しなければいけない場合は多めにオリーブオイルを塗っておくと急激な乾燥を防ぎ長く使えます。

 


オリーブジュースカプセルトップ

オリーブジュースカプセル (トップ記事)

オリーブジュースカプセルを検証。口コミは痩せたと言う声は?副作用や肌への影響、またいつ飲むと良いのか?Amazonや楽天、市販されてるのかなど、様々な角度からオリーブジュースカプセルについて解剖します。