オリーブジュースカプセル 育て方

オリーブの育て方

 

オリーブの育て方

 

オリーブの実やオリーブオイルなど、日常生活の中でも家庭の食卓で取り入れられる事が増えてきました。

 

地中海地方が原産のモクセイ科の植物です。

 

日本で最初に栽培されたのは四国地方の香川県。

 

その後、四国地方、九州地方、岡山県や広島県と広がっていきました。

 

オリーブの木の葉は健康効果や美肌にも効果があります。お風呂に入れたり、お茶にして飲む事もできます。

 

防虫効果もあるので衣類と一緒に入れておくのも活用法の一つです。

 

食卓や生活の中で活躍するオリーブを最近ではガーデニング感覚で育てている人も少なくありません。

 

鉢植えで栽培することができ、基本的に日当たりがよく風通しの良い場所を好みます。

 

室内のインテリアで楽しむ方も多いですが、そうすると日照不足になる可能性が高くなります。

 

夏の直射日光は避け、こまめに日光を浴びさせて、夜は室内に入れるなどして下さい。

 

オリーブは温暖な地域で育つ植物なので乾燥には強いのですが、寒さには弱いです。

 

甲信越地方、東北地方、北海道地方での庭植えは適していません。

 

寒冷地では十分に気をつけましょう。

 

乾燥しすぎると葉が落ちやすくなります。夏場などはたっぷり水をやり、鉢底から出るくらいでも大丈夫です。

 

三月から五月の間が植え付けに適しています。五月や六月が開花時期となり、収穫は10月11月頃になります。

 

肥料は年に3回、三ヶ月から四ヶ月おきに与えます。

 

緩効性化成肥料か油かすが良いでしょう。

 

オリーブの木は害虫がつきにくいというところも人気の一つです。

 

ただ、オリーブアナアキゾウムシには気をつける必要があります。

 

樹の内側から食害するので、なかなか気がつきません。

 

3月から11月の間に専用の殺虫剤で対策をしておきましょう。

 

日常のお手入れとして剪定することが必要です。伸びすぎた枝や細すぎる枝は根元から切っておきましょう。

 

オリーブは日当たりの良さと風通しの良さが重要なポイントです。

 

オリーブの樹の形や葉の形はとても魅力的です。

 

平和の象徴として鳩がオリーブの葉をくわえているデザインなどは、誰もが一度は見たことがあるかと思います。

 

オリーブの色も「オリーブグリーン」と例えられるほど有名で深みのある色です。

 

オリーブのスモーキーな色が好きという方も多く、インテリアのグリーンとして取り入れられるのです。

 

食べることもでき、そして体に良いオリーブ。

 

色々なことに活用できるオリーブを身近なものにする為に、栽培してみてはいかがでしょうか。

 


オリーブジュースカプセルトップ

オリーブジュースカプセル (トップ記事)

オリーブジュースカプセルを検証。口コミは痩せたと言う声は?副作用や肌への影響、またいつ飲むと良いのか?Amazonや楽天、市販されてるのかなど、様々な角度からオリーブジュースカプセルについて解剖します。