オリーブジュースカプセル 国産

国産オリーブの特徴

 

国産オリーブの特徴

 

オリーブの原産地として、スペインやイタリア、ギリシャなど地中海の沿岸部が世界的に広く知られています。

 

生産量はスペインがトップですが、日本への輸出量は、加工技術が発達したイタリアが一番多く、オリーブオイルか果実を塩漬けにしたテーブルオリーブスに加工されて日本に届けられます。

 

まだまだ多くのオリーブ製品を輸入に頼っている日本ですが、実は、国内でも品質の高いオリーブが生産されていることをご存じでしょうか?

 

 

香川県小豆島のオリーブ

 

日本で最初にオリーブの栽培が始まったのは、実は明治時代です。

 

地中海気候に似た温暖な地域の小豆島が選ばれ、こつこつと技術を磨いて努力をした結果、現在は、その味わいは世界的に高い評価を受けるまでになりました。

 

高品質を保つ秘訣は、オリーブの収穫から搾油までの時間です。小豆島の様に、小規模生産で、栽培から搾油まで、一貫して管理できる体制が、美味しいオリーブオイルを生み出しています。

 

傷つきやすいオリーブの実を、日本人らしい丁寧な作業と心くばりで扱う心使いこそが、世界の品評会でい評価を受ける理由なのです。

 

商品開発も積極的に行い、オリーブオイルはもちろん、新鮮さをおかしたオリーブの実の浅漬けが人気を博しています。

 

また、小豆島の特産品であるそうめんにオリーブを練り込んだ商品や、オリーブ果汁エキスが入った醤油など、日本ならでは商品もあり、お土産には最適です。

 

新鮮だからこそできる、国内産のメリットを最大限に生かした新商品は、これからも次々に生まれるでしょう。

 

 

小豆島オリーブの意外な使われ方

 

“オリーブハマチ”や“オリーブ牛”をご存知でしょうか?

 

養殖ハマチの餌に、オリーブの葉の粉末を混ぜ合わせ与えると、身の酸化や変色を防ぐ効果があり、うま味が増すことがわかりました。

 

また、讃岐牛にオリーブの果実を与えると、脂身の部分の甘味が際立ち、やわらかくてこくのある肉質になります。

 

オリーブに含まれるオレイン酸に、うま味を引き出す効果がある為です。また、ハマチと同じく酸化を防ぐので、他の牛肉に比べてヘルシーです。

 

ハマチと讃岐牛とオリーブ、香川県特産品の素晴らしいコラボレーションです。

 

 

岡山県牛窓町のオリーブ

 

小豆島と同じく、瀬戸内海に面したオリーブ園を有する、岡山県牛窓町。

 

国産第一号のオリーブバージンオイルが開発された地で、オリーブを食用だけでなく、日本女性を美しくする為に、化粧品を数多く開発して、商品化しています。

 

原料は全て国産オリーブなので、品質の高さは折り紙つきです。

 

オーガニック化粧品の元祖ともいえるでしょう。

 


オリーブジュースカプセルトップ

オリーブジュースカプセル (トップ記事)

オリーブジュースカプセルを検証。口コミは痩せたと言う声は?副作用や肌への影響、またいつ飲むと良いのか?Amazonや楽天、市販されてるのかなど、様々な角度からオリーブジュースカプセルについて解剖します。